Life Guard Lift ライフガードリフト
津波から災害弱者の命を守る高所避難装置。それが、「ライフガードリフト’です。

過去の震災からの教訓。
高所避難装置の必要性

迫り来るXday地震大国日本

巨大地震は今日くるかもしれません

 

2011年3月11日。東日本大震災で発生した巨大な津波は一瞬で町を飲み込み、多くの尊い命を奪いました。地震大国・日本において、このような危機はいつどこで起こっても不思議ではありません。そう、巨大地震は今日、あなたの町を襲うかもしれないのです。

地震時にエレベーターは使えない

 

エレベーター地震発生時、エレベーターは使用できません。揺れが収まっても、エレベーターが損傷している可能性があるため、運転は休止されます。中に閉じ込められる、あるいは落下する危険があるからです。つまり避難には使用できないのです。

逃げ遅れてしまう災害弱者

 

エレベーターが使用できないと、高所へ避難するには階段しかありません。しかし、緊急時に階段を駆け上がることは、高齢者や乳幼児、妊婦、肢体不自由者には大変困難です。実際、東日本大震災ではこのような災害弱者が多く逃げ遅れ、犠牲となっています。

  • 東日本大震災による死亡者の年齢別分布
  • 東日本大震災における死因
災害風景1
災害風景2
避難弱者イメージ